【旅に出る日】

Pocket

行きたい大学を落ちて、目標をなくして旅に出たくなった。
それならば旅で目標を作ればいいかと日本一周に出た。

長期休みの度に旅に出ることを繰り返して日本を周った。
旅に出るときの心の高揚は何度感じても冷めないもの。

いま、久しぶりにゆっくりと電車に乗ってます。
日本一周を決めて、初めて旅に出た時のことを思い出しました。

旅の一番の醍醐味は出会いです。
「素晴らしい景色」との出会い。
「その土地の郷土料理」との出会い。
そして「人」との出会い。
全て偶然のように思えて、実は欠かせない出会い。

そしてもう一つ、旅の面白みがある。
それは全て自分で決めていいってこと。
今、自分にあるのは僅かなお金と膨大な時間。
何時に起きてもいいし、どこに行ったっていい。
自分の選択がその旅の旨みを創り出してくれる。

ある日、大人は子どもの僕にいった。
「大人になるってのは、自分で責任をもって行動すること。自分がやったことは全て自分の責任だよ。」と。
旅に出てその意味が分かった気がした。
もちろん、そこに他人や組織が関与してないので責任の大きさは比べることはできないが。

今の時代だからこそどこにでもいける。
車だって、電車だって、フェリーだって、飛行機だってある。
選択肢はたくさんある。
後は旅に出るかどうかを選択するだけ。

どんなに忙しくなっても、旅は続けていきたいものです。
旅は人生を豊かにしてくれるから。

Pocket