【 HATARAKU】】新しい人と出会うこと。ー 梅田怜奈

Pocket

梅田怜奈   Tabippo2014 スタッフ

 関西大学2回生。小さい頃から抱いていた海外への憧れから、今年の夏に旅人育成企画のタビイクに参加。旅に出る楽しみをより実感したことから、昨年10月に開催された旅daysにスタッフとして携わる。現在は今年の2月に開催される大型の旅イベントTabippo2014の大阪会場のスタッフとして活動している。
そんな怜奈ちゃんにとって働くとは!?

TABIPPO http://tabippo.net/

 

「これから学生のうちに頑張っていきたいことを教えてください。」

 一番頑張っていきたいことは世界中に友達をつくりたいことですね。世界中に友達が出来たら自分が知らない世界をもっと知ることができる可能性があると思っていて、それは自分に固定概念がとても強いことから芽生えた思いです。自分はまだまだ固定概念が強くて、色んな分野において知らないことが多いからか、まだ何をしていきたいのかが全く分かっていません。私にはこれといった特技も強みもないので、それらを探す為にも色んな場所に赴き、より多くの人たちと出会って、その人たちの様々な経験を盗もうと思っているのかもしれません。

 

「そう思ったキッカケを教えてください。」

 幼い頃に『夢を書いてください。』って言われることがありましたよね?その時からずっと私はいつも何も書くことが出来ない子だったんです。だから『このままじゃダメだ!』って気持ちは昔からありましたけど、変わるためのキッカケを見つけることができずに今まで暮らしてきました。学年が変わったとしても話す相手は自分の周りにいる人たちばかりで、特に自分を刺激するものではなかったので何かの一歩を踏み出すキッカケにはなりませんでした。
 そして大学生になり、たまたま知ったタビイクの後押しのお陰で初めて海外に行くことができました。もちろん海外で感じたこともたくさんありましたけど、それ以上に日本に帰ってきた後に自分の周りの環境が変わってきているのを実感しています。その変化の一つに旅daysやTabippoもあるのですが、今度は自分が誰かに影響を与えることができる側で活動できていることがとても楽しくもあり嬉しいのでやりがいを感じます。なので、今後もなにかしらの形で誰かに少しでも影響を与えれるような活動に携わっていけたらいいなと思っています。

 

 

「生活の中で大切にしていることはなんですか?」

 自分が少しでも興味を引かれたものに対しては積極的にアプローチしています。まだ自分にはやりたいことが見つかってないからこそ、十二分にある時間を使って今の自分にできることはこれからもどんどんやっていきます。そうやって動いていくことが自分の目標を見つける為の第一歩になっていると信じています。
 それと大学生になってから離れて暮らしている家族のことはいつも気にかけていますね。やはり家族のお陰で今までこうして生きてこれましたし、家族と一緒にいる時間がなによりも幸せを感じます。私は実家を出るつもりはなかったのですが、山口にある大学には学びたい学部が見つからなかったこともあり関西に出てきました。その時に母親が言ってくれた「人で選ぶな」という言葉が今でも響いていて、仲がいい誰かがいるからそこを選ぶのではなくて、本当に自分が目指しているところを選ぶようにしています。

 

「そんな怜奈ちゃんにとって働くとはどういったものですか?」

 まだ私には働くとはどういうものなのか分からないんですけど、今の時点では新しい人と出会うことですね。大学のために山口から出てきて大阪で一人暮らしをしているのですが、大学にいる時以外は一人でいることが多いんです。そこで誰かに出会う機会を得るためにアルバイトを始めました。バイト仲間に会うのはもちろんなんですが、接客業なのでたくさんのお客さんとも顔を合わせます。それもまた今の私にとっては一つの刺激なんですよね。今はもっと色んな人に出会いたいと思っているからこその自分なりの答えなんだと思います。

2013年 12月 20日

 

Pocket