写真がうまくなるためのたった3つの習慣

Pocket


写真うまくなりたい!
そんな方に向けた記事です。

この記事ではハウツーよりも、上手くなるタメの習慣を書いています。
つまり努力が必要になりますが、そこまで難しいことではありません。

ぜひ一度試してみてください。

いい写真をたくさん見ること

どの職人でも最後は自分の経験にゆだねます。
最高の料理人とは美味しいものが美味しいと判断できる舌を持っている職人です。
同様にカメラマンもいい写真をいい写真と判断できる目を持っているカメラマンであることが大前提です。

そのためにはいい写真を見なければ鍛えることはできません。
また、時代によっていい写真の定義もク変わっていきます。

だからこそ、常にいい写真をたくさん見ることが必要になってきます。
写真展だけでなく、写真集、Instagramなどネットでみれる数々の写真などです。

例えば、現在開催されている東京カメラ部の写真展「人生を変えた1枚。人生を変える1枚。」などがそれにあたります。
渋谷のヒカリエに展示されているのでご都合がつかないかたは写真集などでチェックしてみてください。

オススメの写真家としては光の魔術師 イルコさんです。
彼のライティングはとても勉強になります。
ぜひ一度ご覧になってみてください。

感性を磨くこと

これはとてもとても大切なことです。
「なぜか大切だとおもいますか?」と聞いてもほとんどの人が答えることができません。

一度、少し時間をおいて考えてみてください。
もちろん、写真を撮ることに関係します。

答えは。。。

自分の感性が動いた時に、初めてシャッターを押すから

これしかないです。
つまり、同じ場所に同じタイミングで複数人でカメラを持っていたとしても、
それぞれが異なった写真を撮るということです。

それはそれぞれが感じることが異なることに他なりません。
どれだけ写真講座を受けたとしても、それは綺麗な写真しか撮れないということです。

ある程度、写真と撮ると綺麗な写真はもちろんですが、誰かの記憶に残るような”いい写真”を撮りたい!という気持ちになってきます。
綺麗な写真といい写真はイコールではありません。

綺麗な写真は機材の性能や編集能力にあります。
いい写真はその時の雰囲気や被写体、そしてカメラマンの感性にゆだねられています。
だからこそ、感性を磨くことが大切になります。

とにかく撮り続けること

当たり前のことを最後に持ってきました。
どれだけいい目を持っていても、どれだけ素晴らしい感性を持っていたとしても、撮り続けなればうまくなりません。

それは自分の写真を見返すからこそ、シャッターを押す時に感性を揺さぶるからこそです。
最初の二つを鍛えるためにも撮り続けることが大切です。

多い時で筆者は2,000枚以上を撮っていました。
量は質を凌駕するとも言いますが、まずは質よりも量です。

年間10万シャッターを目指して撮影に望んでみましょう。
iPhoneでもいいんです。
撮ること自体に意味があるので。

いかがだったでしょうか?
この3つを具力に努力すれば必ず現状よりもうまくなります。
そうすればもっと日常が楽しくなるのではないでしょうか?

Pocket