韓国の調味料ダシダが万能すぎる

Pocket

ダイエットを始めてから自炊する機会が増えました。
基本的に汁物とサラダは毎日のように食べています。
(ダイエットの記事はこちらから→ 「実際にやってみてわかったダイエットを続けるために必要な4つのポイント」)

自炊の際に悩むのが味付け。
つまりどの調味料を使うかです。

今回は料理をほぼしてこなかった僕が惚れ込んだ調味料ダシダのご紹介です。
Amazonで買うと激安です。

そもそもダシダってなに?

公式ホームページには以下のように記載されています。

ダシダは韓国の家庭の約8割が使用している調味料で、
牛肉、たまねぎ、にんにく、ペッパーなど、素材の美味しさがギュッと溶け込んでおり、
ぐつぐつじっくりと丁寧に煮込んだ韓国本場の味をすぐに再現できます。

これがめちゃくちゃおいしいんです!
しっかりとした味わいでコクがでます。
一度使ったら何にでも使ってしまいそうになります。笑

ダシダはどんな料理に使うのか

こちらも公式ホームページでは以下のように記載されています。

みんなの大好きな定番料理、肉じゃが・ハンバーグ・餃子の下味に。
また、チャーハン・カレーの隠し味に使ったり、フライドポテトにそのまま振りかけたりと
いろいろな用途に使えます。

ご覧のように様々な料理で使えます。
フライパン料理がメインのように記載されているんですが、そんなこともないです。
僕が実際に使っているのは主に2つです。

ダシダで簡単スープ

ダシダはあくまで追加の味付けの要素が強いです。
なので、スープの味付け自体は他の調味料を使います。
もっとも使ってるのは鶏ガラスープの素で、いつも下記のものを使っています。

具材は野菜とキノコ類がメイン。
野菜は人参、大根、キャベツ、玉ねぎなど。
キノコは舞茸かしめじのどちらか。

以上のすべてを同時に入れるのではなく、冷蔵庫に残っている具材で作ります。
(自炊の始まりがダイエットなこともあって、じゃがいもなど炭水化物の含有量が多い作物は使用していません。)
鶏ガラスープで作って、最後にダシダを入れると一気に味にコクが出て美味しいです。
ダシダ自体、味が強いので入れすぎには注意です。

少しアクセントに胡椒を入れるとより美味しくなります。
冬の寒い時期にはスープは欠かせない一品。
ぜひ一度お試しください。

ダシダで簡単ナムル

簡単すぎてびっくりするくらいな作り方です。笑

もやしとかほうれん草をお湯でさっと茹でます。
水を十分に切ったら、ごま油で和えます。
その後にダシダを振って混ぜて、お好みで白ごまや鷹の爪の輪切りなどを足してあげれば完成!笑

本当にあっと言う間に出来上がります。
友人たちを呼んで宅飲みなどする際にささっと作れるアテとしておすすめです。

 
いかがだったでしょうか?
写真がなくてイメージしづらく申し訳ないんですが、ぜひぜひ実践してみてください。

それではよいダシダライフを!笑

Pocket