// // 【忘備録】MySQLのオプション設定ファイルの場所を読み込み順 | 日常に彩りを。

/%E3%80%90%E5%BF%98%E5%82%99%E9%8C%B2%E3%80%91mysql%E3%81%AE%E3%82%AA%E3%83%97%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%81%AE%E5%A0%B4%E6%89%80%E3%82%92/

【忘備録】MySQLのオプション設定ファイルの場所を読み込み順


[ad#co-1]

これ、けっこうすぐ忘れますよね。笑
これこそまさに忘備録って感じがします。

さきにぱっと結果を

1. /etc/my.cnf
2. /etc/mysql/my.cnf
3. /usr/local/etc/my.cnf
4. $MYSQL_HOMEに環境変数に設定したディレクトリ /my.cnf
5. ~/.my.cnf

3がちょっと曖昧ですが…
だいたいこんな流れです。笑
上から順に呼ばれ、すべて読み込まれます。

例えば、ハンズオンなどで別にlocalでsqlを準備する場合。
僕がやっていたハンズオンではshでsqlをbootしていました。

#!/bin/bash

cd `dirname $0`

./mysql/bin/mysqld –defaults-file=./my.cnf

こんな感じにです。
相対パスで指定してあり、そのディレクトリ配下にあるmy.cnfを読み込んでくれます。

[ad#co-2]


Tags: